2012年02月28日

くそ〜、どうしてもあの人に復讐したいのです



相談者「くそ〜、どうしてもあの人に復讐したいのです。」

 釘山「・・・自分が幸せに生きることが一番の復讐だね。」

    ・・・はい、100円。


*これはいいです。これを知っていると人生変わりますね。復讐とは相手対して何かをすることだと思ったら大間違い。だいたい復讐が達成したからハッピーエンドなんて映画も小説もみたことない。復讐は自分自身も結局傷つけてしまうって終わります。憎い相手よりも幸せに生きてやる。それを知った相手は・・・それを考えるだけでワクワクしますね。





2012年02月27日

苦しんでいる人に何もしてあげることができないんです



相談者「苦しんでいる人に何もしてあげることができないんです。」

 釘山「・・・・寄り添うことはできるよね by 伊集院静」

    ・・・はい、100円


*伊集院静は仙台に住んでいる作家。震災を間近に経験した人です。震災のあと被害が大きかったところを回って歩き、自分の何もできない無力感を感じる。しかし、そのとき何もできなが、寄り添うことはできる考えた。何もできなくていいのです。寄り添ってあげてください。名文句ですね。





2012年02月26日

日本がこの先、どうなるのか心配です



相談者「日本がこの先、どうなるのか心配です。」

 釘山「永平寺でお経聞いたことありますか? すごく心にどーーーん!と

  響きました。お経ってかっこいい! 厳しい修行に耐えられる僧のみなさんもかっこいい! 日本は大丈

夫だって思う〜。by 出田 郁」
 
  ・・・はい、150円。


*出田さんは、私の知り合いの奥さんです。ご主人とは内緒でFBのお友達になりました(笑)。今の時代、日本は大丈夫かなあと思うことばかり。しかし、それはあくまでも厳しい面ばかりを見ているからです。日本がいいところはたくさんある。日本のいいところ探しをやりたいですね。




2012年02月25日

決断力がないんです



相談者「決断力がないんです」

 釘山「・・・決断しなくても動けるよ。」

    ・・・はい、100円。


*決断なんて大きなことを言わなくても、人間は常にものごとを選択して動いています。選択の連続が生きているってことですから。意識して、こうしますと明確に決めなくても人間は行動をとることはできる。むしろ、決断することより、行動してしまうほうが人生は開ける。まずは、動いてみてください。





2012年02月24日

世の中、不公平過ぎます




相談者「世の中、不公平過ぎます。」

 釘山「・・・不公平だよね。・・それが?」

    ・・・はい、100円


*世の中は不公平なのです。これを受け入れることができるかできないかが、大人と若者の境目です。したがって、逆に若いうちからこれを受け入れてはいけません。不公平に怒りをもって悩む。そうこうしているうちに見えてきます。不公平な世の中、それでも幸せに生きることはできるということが。











2012年02月23日

もともとだめなんですよねえ



相談者「もともとだめなんですよねえ。」

 釘間「配られたカードで勝負するしかないのさ byスヌーピー
 
  ・・・はい、100円


*スヌーピーは犬です。人間と比べて何かと制約が多い。しかし、スヌーピーはそのことで文句を言ったりしない。犬なんだから、犬で勝負なと割り切っている。ところがスヌーピーの飼い主のチャーリーブラウンは、いつも「だめだだめだ」と言っている。完全にスヌーピーに負けているのです。困ったチャーリーブラウンです。





2012年02月22日

臆病で何かをやる勇気がないんです



相談者「臆病で何かをやる勇気がないんです。」

 釘山「勇気は、あるかないかじゃないね。振り絞るかどうかだね。」

    ・・・はい、100円。


*私の人生経験の中からいえることは勇気がある人ってほとんどいないですね。みんな、“ない”と思ったほうがいい。勇気があるなあと見える人もたいていは、勇気があるのではなく、勇気を振り絞っているのです。つまり、勇気がないという人は怠けものです。とやかく言ってないでまず自分の持っている小さな勇気を振り絞ってください。そこからです。










2012年02月21日

こんなに頑張っているのにうまくいかないのです


相談者「こんなに頑張っているのにうまくいかないのです。」

 釘山「・・・何言ってんのかなあ、生かされているだけなのに。」

    ・・・はい、100円。


*これは典型的に「自分」しか見てないパターン。自分一人で生きているわけではないってことを忘れているとこうなってしまいます。自分自身が頑張ることは大事です。しかし、結果は自分の頑張りだけでなく周りとの兼ね合いで決まってくる。生きているのではなく、生かさされているってことを考えてみることです。










2012年02月20日

ぜんぜん、もてないのです


相談者「ぜんぜん、もてないのです。」

 釘山「・・・他に悩みはないの?」

   ・・・はい、100円


*もてないと悩んでいる人には申し訳ないのですが、もてるかどうかって悩みは、はっきりいって人生の大した問題ではないですね。もてなくたっていいんです。まあ、逆にそう思って気にしていない人間はもてたりするもんです。そんなことで悩まない!











2012年02月19日

どうしても嫌いな人がいるんです


相談者「「どうしても嫌いな人がいるんです」

 釘山「好きになるところまで離れるといいよ。byよしもとばなな」
 
  ・・・はい、100円


*これは人間関係におけるまさに名文句ですね。大好きな言葉です。好きになるところまで離れればいいのです。人は嫌いな人と仲良くなろうと無理に近づこうと頑張ったりしますが、そんなことはやらなくていい。逆です。もう少し離れてみてください。それだけです。そうすると嫌いな人とそれまでと違った関係が見えてきます。簡単ですね。









×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。